今年のドラフトで優先したい補強ポイント

2018年のプロ野球ドラフト会議は10月25日に行われます。今年はどんな選手が指名されるのか楽しみです。
今回は中日ドラゴンズのチーム状況や課題を見ながら、2018年のドラフトで優先したい補強ポイントについて考えていきます。

先発の頭数とリリーフ左腕

投手陣の方で特に不足しているのが先発の頭数とリリーフ左腕です。この二つはここ何年か苦労しているチームの課題でもあります。
まず先発投手の方はシーズンを乗り切るための頭数が足りていません。

今年もローテーションを組むのに苦労した時期がありました。ファームの運用も含め先発投手の層が薄いです。
出来たら即戦力の最低でもファームの方でしっかりと投げられる先発投手を今年のドラフトで獲得したいです。


もう一つの大きな課題としてはリリーフ左腕の候補がかなり少ない事です。
岩瀬投手は今シーズン限りで引退する事になり、支配下でリリーフが本職の左腕は岡田投手、福投手、ロドリゲス投手の3人しかいません。

その3人も岡田投手と福投手は今シーズン怪我から復帰したばかりですし、ロドリゲス投手はまだ去就が不透明でかなり不安な状況です。
ドラフトで一人はリリーフ左腕を獲得する必要があります。課題の多い投手陣ですが特に優先したいのは即戦力の先発とリリーフ左腕です。


逆に優先度の低い部分としては素材型の右腕で昨年のドラフトでも多く獲得していて、これ以上素材型の右腕を増やす必要はありません。
昨年のドラフトで獲得した石川翔投手や清水投手に山本拓投手、今シーズン飛躍の1年になった藤嶋投手など今いる若い右腕を育てていく方が大事です。


スラッガータイプの選手と若い野手

野手陣の方で優先したい部分はスラッガータイプの選手の獲得と、若い野手が少ないのでそこの補充をする必要があります。
日本人の野手で長打を打てる選手が少なく、その候補となる若い野手も不足している状況です。

長打を打てるスラッガータイプの選手を獲得し、ファームの方で将来の中軸候補として育てるチーム作りをしたいです。
本当は昨年のドラフトで指名してほしかったですけど、それが出来なかったので今年は長打を打てる選手を獲得してもらいたいですね。


そしてドラゴンズは若い野手が少なく年齢バランスに偏りがあるので、そこの改善も進めていく必要があります。
特に問題があるポジションは年齢層が高く、次世代の候補も育っていない外野手です。

1軍外野手の主力は30代の日本人選手と、外国人選手のみという状況になっています。
そして大島選手や平田選手の次の世代も育っておらず、来年の時点で24歳以下の若い外野手も伊藤康祐選手しかいません。

そのチーム状況を考えると将来のためにもドラフトで外野手を獲得するのは必須です。
あとはショートをしっかりと守れる選手も少ないので、ここも優先したい部分です。出来たら若い捕手も獲得したいですね。


根尾昂の1位指名を明言

中日ドラゴンズのここまでの動きとしては大阪桐蔭の根尾昂くんを1位指名すると明言しています。
根尾選手は身体能力が高く二刀流で活躍するなど色々な事ができ、そこが魅力の選手です。

獲得に成功したら個人的には野手としてショートで育成してもらいたいです。
そこからは適性やチーム事情を見ながらポジションを決めればいいと思います。根尾選手はドラゴンズのチーム事情に合った指名です。

ただ競合は避けられない選手なので、あとは抽選で当たりクジを引けるかどうかです。1位指名を明言している根尾選手の交渉権を獲得できる事を願います
1位で根尾選手の交渉権を獲得し、2位以降で優先度の高い補強ポイントの選手を指名できる形が理想ですね。


近年ドラゴンズは下位に沈んでいて編成も含め他にも課題の多いチーム状況ですけど、今回はドラフトで特に優先したい補強ポイントについて書きました。

指名人数の方は投手が3~4人で野手も3~4人の合計6~8人になると予想しています。
今年はどういう方針で指名するのか、どういう形のドラフトになるのか今から楽しみです。

スポンサーリンク


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
スポンサーリンク