9回裏4点リードから逆転サヨナラ負け

東京ドームで行われた巨人戦は5-6で敗戦。9回裏4点リードの場面から5点を失い、まさかの逆転サヨナラ負けです。
とても苦しい負け方でしたね。今年は終盤の逆転負けが多いです。


藤嶋投手の好投

先発の藤嶋投手は7イニングを1失点に抑える好投。しっかりと試合を作ってくれました。
与四球が1と少なく連打を打たれなかった事が良かったです。これで2試合連続の好投です。

ただ2試合とも白星をつけてあげられなかったので、そこが残念ですね。次はしっかりと勝たせてあげたいです。
4点リードの8回は佐藤投手が登板し、1イニングを三者凡退の無失点に抑える好投。

しかし4点リードの9回に登板した岩瀬投手とマルティネス投手の二人で5点を失い、残念ながら逆転サヨナラ負けです。
4点もリードがありましたけど、そのリードを守り切れませんでした。


リリーフ陣

佐藤投手が8回に登板したのは相手の打順が2番からで一番厳しい場面だったので、一番信頼できる佐藤投手を起用したのだと思います。
個人的には佐藤投手の疲労や今後の事も考え、佐藤投手を抑えとして固定してもらいたいです。

それをすると今度は8回が苦しくなりそこで点を取られ逆転されるリスクが高くなると思いますが、それを覚悟してでも佐藤投手を抑えとして起用してもらいたいですね。

リリーフ陣が苦しい状況ですけど、今後のためにも登板過多で消耗するのだけは避けたいです。
前にも似たような事を書きましたが大事な場面で経験の少ない投手や、大ベテランの岩瀬投手を使わざるを得ない状況になってしまった事が問題点です。

田島投手や又吉投手、祖父江投手や谷元投手など主力として投げてほしい中堅のリリーフ投手が不調などで全員ファームにいる事が一番の原因ですね。
先発も含めどうやって上手く整備し運用していくのか、解決策が見えてこないのが苦し現状です。


17安打5得点に11残塁

打線の方は何とか5点取れましたけど、17安打も放っているわりには効率が悪かったです。
チャンスでもうひと押しが出来ず、11残塁と残塁も多かったです。17安打のうち単打が16本と長打が少なく単打ばかりでした。

平田選手がヒットで出塁しそれを京田選手がバントで送って次の大島選手がタイムリーを放ったり、8回に上手く3点を追加できた事などいい部分はありました。

ただ序盤や中盤のチャンスでもう少し点を取れなかった事が響きましたね。
スタメンに復帰したアルモンテ選手がチャンスで打てず、残念ながらブレーキになりました。

17本もヒットを打てましたけど上手くかみ合わなかったです。残念な形のサヨナラ負けとなりました。
次は21日からナゴヤドームに戻っての試合なので、苦しいチーム状態ですが次のカードは何とか勝ち越したいところです。

スポンサーリンク


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
スポンサーリンク