セカンドの競争

今回は現時点でのセカンドのポジション争いや、チーム事情について取り上げていきます。

打力

近年ドラゴンズが苦労しているポジションの一つがセカンドです。なかなか固定できないシーズンが続いています。
もっとレベルの高い競争をして層を厚くしたいポジションでもありますね。

セカンドを守れる選手は多くいますけど現時点での主な候補としては、亀澤選手、高橋選手、阿部選手の3人です。
高橋選手と阿部選手は状態がよくキャンプや対外試合で結果を残していますし、亀澤選手も順調にきています。

まずこのオフからセカンドに挑戦している高橋選手についてです。本職はサードですがサードには福田選手がいるので、出場機会を求めてセカンドに挑戦しています。
思ったよりもセカンドを守れていると感じますけど、守備力を考えると他の選手よりもかなり打つ必要があります。

セカンドの候補のなかでは守備力や走力が低いので、セカンドで試合に出るためにはとにかく打撃の方で結果を残さないといけませんね。
今のところ新フォームが上手くいっているのか対外試合でしっかりと結果を残せています。

引っ張って長打を打てるようになった部分が成長した点です。優先的に起用されているので今後も結果を残せるかが大事ですね。


内野の層

キャンプや対外試合での評価がいいのが阿部選手です。阿部選手も新しいフォームにして、いい形で打てています。
今のところ結果も出ていて、しっかりとアピール出来ています。今後のオープン戦が大事です。

阿部選手の課題としては打撃の安定感がないことですね。芯に当たればけっこう長打力もありますけど、その確率が低いことが課題です。
守備も無難に守れ走力も普通ですけど、これといった強みがないので試合に出るためには打撃の方である程度の結果を残す必要があります。


昨年セカンドのなかで一番よかったのは亀澤選手です。セカンドの候補のなかでは走攻守のバランスがいい選手ですね。
守備もそこそこよく足も速いですし、セカンドとしては最低限の打力もあります。いろいろな役割が出来るので1年間1軍にいてもらいたい選手ですね。

ただレギュラーとしては少し物足りないので、セカンドのレギュラーになるためには走攻守のどれか一つを向上させる必要があります。
たとえば走力の部分では足は速いですけど、盗塁技術に問題があったりと課題もあります。

主な候補として3人の選手を取り上げましたが、これからオープン戦でいい形の競争が出来ると嬉しいですね。
阿部選手、亀澤選手、高橋選手の3人はセカンド以外にも他のポジションも守れるので、いい競争が出来れば控えも含め内野の層が厚くなります。


守備・走塁

あとセカンドには今年からコーチ兼任となった荒木選手もいますが、荒木選手には控えとしてチームを支える役割を期待したいです。
そしてその経験や技術を伝える役割も期待したいですね。内野の層は薄いですし能力的にもまだまだ必要な選手です。

ただ近年の打撃成績や年齢を考えると、控えとしては問題ないですけどスタメンで使い続けるのは厳しいです。
守備や走塁の方は全盛期よりも落ちたとはいえ、ドラゴンズのセカンドの中ではまだ上の方なのでそういう部分での活躍を期待しています。

他の選手との競争にはなりますが役割としては代走や試合終盤の守備固め、ランナーがいない時の代打などになりますね。
将来のことを考えると若手や中堅の選手が成長して、荒木選手に頼らなくてもいいチームを作っていかないといけません。

今のチーム状況でいきなりセカンドを固定するのは難しいので、今いる選手が成長して内野の層を厚くすることが今シーズンの目標です。
まずはオープン戦でしっかりと競争が出来るといいですね。開幕戦のセカンドが誰になるのか楽しみにしたいです。

スポンサーリンク


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
スポンサーリンク