FAの補償は金銭のみ

中日ドラゴンズはFAでBランクの大野奨太選手を獲得したので、その補償がどうなるか注目されていましたが日本ハムが金銭のみを選択すると発表されました。
人的補償がなかったので一安心です。

決定するまで時間がかかっていたので少し不安はありましたけど、「大野奨太選手を獲得」した時の記事で予想していた通り金銭のみで良かったです。
金銭補償のみで大野奨太選手を獲得できたのはとてもいい補強ですね。


理由

ここからは推測になりますが、日本ハムが補償をどうするのか決めるのに時間がかかった理由としては、支配下の枠や金銭的なことなどチーム事情によるものだと思います。

まず支配下の枠の方ですが、もし日本ハムが人的補償で選手を獲得していたら支配下選手の人数が70人と枠の空きがなくなります。
トレードなども含めて支配下の枠をどう使うか色々な形が考えられました。

そして日本ハムは金銭的な事情もあるので、こちらの方の理由も大きいと思います。
金銭のみを選んでもそれほど金銭の補償が増えるわけではないですけど、どうしても選手を獲得すると年俸や色々な費用がかかりますからね。

選手の見極めや支配下の枠、金銭面などのチーム事情を複合的に考えて最終的に金銭のみの補償を選択したのだと思っています。
ドラゴンズのファンとしては、とにかく人的補償がなくて良かったです。

スポンサーリンク


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
スポンサーリンク